超初心者的ツクールMVプラグインの使用方法~導入編~

プラグイン導入11

プラグインとは、プログラミングによって作成されたプラグインファイルをツクールMVに導入する事によって、新しい機能を追加する事の出来るシステムです

たとえば、アイテム図鑑プラグインを導入すれば、ゲームにアイテム図鑑機能を追加出来る、といった感じです

RPGツクールMVはそれだけである程度のRPGが作れてしまいますが、プラグイン機能を使えば更に機能を拡張する事が出来ます

ツクールVX Aceでいうスクリプトとほぼ同じような機能ですが、使用方法がかなり変わったので、簡単に使用方法をまとめました

 

プラグインの準備

まず使用したいプラグインを準備します。公式プラグインとして何個か用意されていますが、それ以外のプラグインは自分で用意しないといけません。自作出来ない人は、プラグインを提供されているサイト様からダウンロードして使用する事になると思います。

Google検索等で導入したいプラグインを提供してくれているサイトを探しましょう

※実際に導入する場合は提供されているサイトの利用規約等をよく読んで導入しましょう

今回導入テスト用にプラグインを自作してみました。画面上にエネミー画像が表示されるだけのプラグインです(プラグイン作成にあたってゲーム研究の弓猫チャンネル 2人の目線でゲームを研究様の超初心者のためのMVプラグイン講座 マップ画面に画像を表示してみるの記事を参考にさせていただきました)

y_testプラグイン(右クリック→名前を付けてリンク先を保存でダウンロード)

ダウンロード先はどこでも良いです。「プラグイン集」とでも名前をつけたフォルダを作成して、そこにまとめておけば後々使いやすいと思います

お目当てのプラグインをダウンロード出来たら、ダウンロードして来たファイルを確認してみましょう。ダウンロードして来たファイルは「○○.js」という名前になってると思います。このファイル1個で1つのプラグインとなっています

プラグインの導入

プラグインを準備出来たら次は実際にゲームに導入していきます

導入したいゲームのプロジェクトをツクールMVで開きます

ツール上部のゲームタブ→フォルダを開く、の順番でクリックすると、そのゲームのプロジェクトフォルダーが開きます(プロジェクトフォルダーがどこに保存してあるか把握している人は、PCのファイルマネージャーから直接プロジェクトフォルダーを開いても問題ありません)

プラグイン導入1

プロジェクトフォルダーが開いたら、jsフォルダ→pluginsフォルダ、の順番でクリックしpluginsフォルダを開きます

プラグイン導入2 プラグイン導入3 プラグイン導入4

このpluginsフォルダの中に入っているプラグインファイルが、そのゲーム内で使用する事の出来るプラグインとなります。すでに何個かファイルが入っていると思いますがそれは公式で用意されたプラグインです

新しいプラグインを使用したい場合、このフォルダに使用したいプラグインファイルを入れるだけです

プラグインの準備でダウンロードしてきたファイルをpluginsフォルダにコピペします

プラグイン導入5 プラグイン導入6

これでプラグインを導入する事が出来ました

VXAceではスクリプトエディタにスクリプトをコピペする方式でしたが、今回からプラグインファイルをプロジェクトフォルダ内のpluginsフォルダに直接ぶち込む方式に変わりました。以前の方式に慣れている人は最初戸惑うかもしれませんが、画像素材をimgフォルダに入れる、音声素材をaudioフォルダに入れる、といった操作と同じ様な感覚でプラグイン素材をpluginsフォルダに入れる、と考えると分かりやすいと思います

プラグインの使用

プラグインの導入は完了しましたが、実はプラグインは導入しただけでは何も動作しません。導入したプラグインを使用する設定を行う事で初めて使用する事が出来ます

使用方法を説明して行きます

プラグインを導入したゲームプロジェクトをツクールMVで開き、ツール上部のプラグイン管理ボタン(パズルのマーク)をクリックするとプラグイン管理画面が開きます

プラグイン導入7

管理画面には、はじめは何も表示されていません。ここに使用したいプラグインを登録していきます

適当に管理画面の上でクリックしてみて下さい。プラグイン設定画面が開きます

プラグイン導入8

 

「名前」の項目の所にある▼をクリックして下さい。pluginsフォルダに入っているプラグインファイルの一覧が表示されますので、使用したいプラグインの名前をクリックして下さい

プラグイン導入9

クリックしたプラグインのヘルプやパラメータ情報等が表示されます

プラグイン導入10

状態が「ON」になっている事を確認し、「OK」ボタンをクリックします

プラグイン導入11

これでプラグイン管理画面にプラグインが登録されました。「適用」→「 OK」をクリックしてプラグイン管理画面を閉じて下さい。これでプラグインが使用出来るようになりました!!

テストプレイを実施してみて下さい

スクリプトの機能が反映されていると思います

y_testプラグインを使用した場合はゲーム画面上にスライムの画像が表示されます(特に使い道はありません)

プラグイン導入12

 

プログラミングの知識が無くても、提供されているプラグインを導入する事でどんどんと機能を追加していく事ができます。たとえばYanfly Engineプラグインを使用すれば、バトルをアクティブバトルに変更したり、ゲームの解像度を変更したりといった事が簡単に出来てしまいます。またプログラミングを勉強してプラグインを自作できるようになると、どんなゲームでも作れてしまいます。プラグインを上手く活用して面白いゲームを作りましょう!!

 

長くなったので一度切りますが、もう少し詳しいプラグインの使用方法を活用編で説明しています。そちらも合わせてお読み下さい!!

MVプラグインの使用方法~活用編~

スポンサーリンク