コモンイベント選択イベントが作れる!EventSelector

ibesenn3

EventSelector

複数のコモンイベントを選択肢としてウィンドウに表示させ、選択されたコモンイベントを実行するプラグインです。イベントコマンドの「選択肢の表示」よりも複雑な選択肢イベントが簡単に作れそうです

プラグインの使用はプラグインコマンドを使用して行います

プラグインコマンド例

EventSelector open # イベント選択ウィンドウを開く

EventSelector add 3 # コモンイベント3番をイベント選択に追加

EventSelector remove 4 # コモンイベント4番をイベント選択から削除

EventSelector clear # イベント選択を全てクリア

 

使用例

前準備として、選択肢として実行させたいコモンイベントを作成しておきます

6個の選択肢を作成してみました

ibesenn

コモンイベントの名前が選択肢としてそのまま表示されるので、表示させたい文字を名前にしておく必要があります

今回は一度選んだ選択肢は消えるようにしたいので、それぞれのコモンイベントに

プラグインコマンドで EventSelector remove x

を仕込んであります。(xの部分にコモンイベントのID番号が入ります)

 

続いて選択肢を表示させるイベントを作成します

 

ibesenn2

イベントエディターで選択肢として表示させたいコモンイベントを登録します

プラグインコマンドで EventSelector add x

と記入して登録していきます(xには表示させたいコモンイベントID番号を記入します)

表示させたいコモンイベントをすべて登録出来たら最後に

プラグインコマンドで EventSelector open

と記入します

これで、EventSelector openより上で登録されたコモンイベントが選択肢として表示されます

EventSelector addより上にEventSelector openを置いてしまうと選択肢として表示されないので注意が必要です

これで完成です

ibesenn3

ゲームをプレイしてみるとこんな感じで登録した6個の選択肢が一度に表示されます

選択肢をクリックすると選択肢に対応したコモンイベントが実行されます

それぞれのコモンイベントにEventSelector removeを仕込んであるので一度選択した選択肢はウィンドウから消えます

選択肢は1行に3つ、4行まで表示出来るので、1ページで12個の選択肢を一度に表示できます

12個以上の選択肢を作成しても、自動でページ送りボタンが表示されるので、何個でも選択肢を作れます

サンプルゲームを作ってみました

 

サンプルゲーム(ここをクリック)

使いこなせれば、面白い選択イベントが作成出来そうです

 

※筆者が自分なりに使用してみたやり方を説明しています。もしかしたら使い方に間違いがあるかもしれません。同じやり方で導入してなにか不具合が発生しても責任は負えません。プラグインの使用は自己責任でお願い致します

※執筆時点でRPGツクールMVが発売されていないのでツクールMVの海外版RPGMakerMV&ツクールMVの体験版のプラグインを使用しています。おそらくツクールMVにもそのまま搭載されると思いますが、もしかしたら変更されるかもしれません。ご了承下さい

 

プラグイン一覧画面へ戻る

スポンサーリンク